ALL DREAM NET の Dream Project Blog 〜やるなら本気で!みんなで応援〜

それぞれの頑張りをニュースとしてお届けする Dream Project Blog。新しいコトを知る、違う分野と交流する、お互いに発展を応援する!ゼロからイチへ…違う分野とも[交流するからこそ広がっていく]を体感してみませんか?[今]を大切に頑張ることで、自分もHAPPY!みんなもHAPPY!パワー満タン!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

>> EDIT

萩往還 250km レポート by 田中雅之さん VOL.15[旧村田蒲鉾店〜佐々並]

続きです。

★ひとつ前のレポートを見る★
=======
萩往還 250km レポート by 田中雅之さん VOL.14[CP14〜旧村田蒲鉾店]
http://alldreamnet.blog.fc2.com/blog-entry-1146.html
=======

旧村田蒲鉾店から萩道の駅を通りすぎ1つ目の山に入る。

入る途中に70キロ参加していて
濱・亀・中ちゃんトリオに出会う。。

レインウェアを着ていため,
近くに来るまで気づいては貰えなかった。

お互いゴールまでがんばろうと言う意味で,手を上げてすれちがった。
いろいろ苦楽をともにしてきた仲だったので,
彼らとは,言葉はいらなかった。


途中で多くの人に,名前を呼ばれて声をかけられた。
疲れと眠気などなどで,満足に対応できなかった人もいるから申し訳ない。


1つ目の山を下りきり,川沿いに出たところで
座りこんでご飯を食べることにした。

山道の下りは想像以上に負荷がかかったようだ。
明木エイド(226.9)まであと1キロくらいのとこだった。

道中で,J倶楽部の人たちとであった。
今日の夕方,打ち上げを約束してるメンバーだ。
後日,うちあげでバーベQも開催してくれる。

出発前にアドバイスを求めると,
「あきらめるな」「がんばれ」だった。
アドバイスどおりになんとかここまでやってきた。

エネルギーを補給し,明木エイドまでなんとかたどりついた。

11195392_732440260198322_1355626751_n.jpg


熱いお茶を飲み,冷たいお茶を補給した。
このエイドで歩けチームの
のりちゃん,本庄谷さん,平松さんとすれ違った。

ここで関ちゃんたちもいた。
少し話をして,出発した。

11100414_732440270198321_1002028528_n.jpg

11198417_732440266864988_9716991_n.jpg


このエイドを過ぎると,2つ目の山がすぐにやってくる。
2キロくらい緩やかに続く1升谷だ。

どの色のゼッケンでも,
ここを全て走りきれるランナーはすごいと思う。


1升谷を向けるとロードコースに少しでる。
山の中とはいえさえぎるものがなく,
アスファルトからの反射する光も強い。
ここでかなりの体力を奪われる。。
いっしょに走ってきたクリリンもかなり,バテているようであった。


1升谷を越えてから佐々並エイド(236.8)まで
近い感覚であったが,なかなか着かなかった。

気分的なショックと体力的な疲労で,
佐々並に着いたころには予定時間を30分押していた。

ここで有名な佐々並豆腐を食べて,梅干しで塩分を補給した。
制限時間も余裕でクリア。


最後の関門の夏木ヶ原キャンプ場(243.9)を目指す。
残り3.5時間。歩いてもいけそうだが,フラフラの中出発した。

身体は傾いてはいないが,足はフラフラだった。
これから萩往還の最後の魔物が待っている。


つづく。

| ラン | 16:57 | TOP↑

[タグ] 田中雅之さん

>> EDIT

萩往還 250km レポート by 田中雅之さん VOL.14[CP14〜旧村田蒲鉾店]

続きです。

★ひとつ前のレポートを見る★
=======
萩往還 250km レポート by 田中雅之さん VOL.13[CP12〜CP14]
http://alldreamnet.blog.fc2.com/blog-entry-1145.html
=======

CP14陶芸の村公園(216.6)で全てのCPが揃った。

あとは時間内にゴールするだけとなる。
チェックシートにチェックライターを押した横で
山大アメンフト部の関主将がいた。

11128596_732441030198245_189188934_n.jpg

11212276_732440353531646_174203171_n.jpg


「ぜんぶ揃ったよ」と報告すると
「鳥肌立ちました。。。涙がでそうです」と。

11210373_732441006864914_864250772_n.jpg

涙はゴールのときにとっておいてと言っておきました。


彼は数々のCPで応援に来てくれ,
チェックをするとこを見てくれてました。
最後の枠が埋まった瞬間に,アスリートとして何かを
感じとってくれたんだと思います。


IMG_2693.jpg


陶芸の村公園以降は,過去何回も通った道のり。
70キロのときにも,140キロのときにも通った。

4種類の種目がすれ違うコースとなる。

35キロ歩くコース(ピンクゼッケンF)
70キロ走るコース(緑ゼッケンC)
140キロ走るコース(青ゼッケンB)
250キロ走るコース(白ゼッケンA)

一目でどの種目にエントリーしているかが分かる。
緑青白は最後は同じ時刻が制限の同じゴールを目指す。


陶芸の村を出るとCのトップが返ってきた。。
あの萩往還の往路を3時間で来たことになる。。
すごい。。


自分たちの足はなかなか進まず,
重力に任せて進むだけになった。

萩市街地から萩往還道に入るまでに,大雨が降った。。
ついさっきまで晴れていたのにまたカッパの登場だ。。


市街地をゆっくりと走り,
旧村田蒲鉾店(220.8)の関門をクリアした。
ここまでは予定時間通り。


ここからひとつ目の山へ向かっていく。
いろいろなランナーから
「お帰りなさい。よく帰ってきました・・・」と声をかけられた。

声をかけられるたびに,涙が出そうだった。
一昨年は声をかけるほうだった。

白ゼッケンのぼろぼろの姿で帰ってくる姿に何回も感銘を受けた。
自分が今回はそれをみんなに与えられているんだろうか。
萩往還の醍醐味はこの道のりのような気がする。


つづく。

| ラン | 16:56 | TOP↑

[タグ] 田中雅之さん

>> EDIT

萩往還 250km レポート by 田中雅之さん VOL.13[CP12〜CP14]

続きです。

★ひとつ前のレポートを見る★
=======
萩往還 250km レポート by 田中雅之さん VOL.12[玉江〜CP12]
http://alldreamnet.blog.fc2.com/blog-entry-1144.html
=======

虎ヶ崎を後にし,復路コースを行く。
やはり出発するときには,ズキズキくる。
虎ヶ崎をでたらすぐにデコボコ道だったので
足の裏に結構ひびてきた。


虎ヶ崎から復路も,
虎ヶ崎に向かうAゼッケンの人たちと
すれ違い声を掛け合う。

千畳敷でずっといっしょだったランナーの方とも出会い握手をした。
まだまだ,気が抜けないけどよくここまで帰ってきたと。。

しばらく,進むと青ゼッケン(140キロ)のランナーもすれ違いだした。


伊藤さんともすれ違った。
去年の自分たちよりも相当早いペース。

完踏は間違いない,いつ追いつかれるか
ヒヤヒヤしていたくらいだったが,
伊藤さんは,結局涙を飲んだ。
途中,萩往還の魔物につかまったみたいだ。

トレイルランナーのマックさんも140キロの出場。
早い段階で出会って,抜かれていった。
この時間帯にこの場所で会えたことに感動していたようだ。
マックさんも十分にすごいタイムだ。


CP13金照苑(215.7)に到着。
そしてすぐにCP14陶芸の村公園(216.6)がある。

ここからは,緑ゼッケン(70キロ)のランナーとも合流し
いっしょにゴールを目指す。。


つづく。

| ラン | 16:55 | TOP↑

[タグ] 田中雅之さん

>> EDIT

萩往還 250km レポート by 田中雅之さん VOL.12[玉江〜CP12]

続きです。

★ひとつ前のレポートを見る★
=======
萩往還 250km レポート by 田中雅之さん VOL.11[CP10〜玉江駅]
http://alldreamnet.blog.fc2.com/blog-entry-1143.html
=======

玉江駅エイドを過ぎると,
あとは知っている道なので気分は楽だ。

目標としては6:00に玉江駅を通過すれば,勝算はあると見ていた。
それよりも1時間巻いている。

萩城跡を横目に,CP11浜崎緑地公園(198.5)をめざす。
ここは,昨年見落としそうになったところだが,
今年は絶対大丈夫だ。

緑地公園とあるが,ただの公衆トイレである。

CP11でチェックをし,
CP12虎ヶ崎・つばきの館(207.4)に向かう。

玉江駅エイドから,その区間全くエイドがないため
自動販売機やコンビニを利用する。
朝日がまぶしくなってきた。


虎ヶ崎から返ってくるAゼッケンの人たちとエールを交わす。
ここまで来るとみんな友達のような感覚だ。
自分たちもCP12をめざす。

ここで食べるカレーが楽しみだ。
CP12に入る前に大きな坂があったか歩いたり,
走ったりすることができた。


CP12に到着。
カレーでおなかも満たされた。
ここまでくるとあとフルマラソンの距離。

距離的にはたいしたことがないが,
のこり30キロで最大の難所萩往還が待っている。

カレーは少しだけ遠慮して,普通盛りにした。
今,考えると大盛を食べておけばよかったと後悔している。


つづく。

| ラン | 16:54 | TOP↑

[タグ] 田中雅之さん

>> EDIT

萩往還 250km レポート by 田中雅之さん VOL.11[CP10〜玉江駅]

続きです。

★ひとつ前のレポートを見る★
=======
萩往還 250km レポート by 田中雅之さん VOL.10[宗頭〜CP10]
http://alldreamnet.blog.fc2.com/blog-entry-1142.html
=======

CP10三見駅をでると,細い峠道を通る。
クルマでは通りたくない道だ。

山陰本線の線路を何回を越えてクネクネいく。


途中,宗頭で巻いたテーピングがきつすぎたため,
痛いとクリリンが言い出す。
テーピングを巻きなおし,リスタート。
リスタートするたびに,ズキズキくる。


そのズキズキを少しでも防ぐために,
靴下を2重履きしていたが,
浮腫んだ足をさらに圧迫したためか
かなり痛くなった。

靴下を片方脱ぎザックにいれた。
少しスッキリしたが,ズキズキ感は増した。。


山の中に私設エイドをだしてくれていた。
こういうときは人恋しいし,ありがたい。
話を聞いていると毎年出しておられるみたいだ。

早朝にソーメンをいただき,下山した。
玉江駅エイド(195.5)に5:00ごろ到着。
すでに,140キロのランナーが通りすぎて言っている。速い。


ここでも応援部隊と合流。

IMG_2680.jpg

どんどん人が増えているではないか。
大応援団になっている。ホントにありがとう。

玉江駅は,6:00までのエイドなので間に合ってよかった。
もう,薄明るくなってきたので,ヘッドライトはなしでいける。
二日目の夜を越えた。

昨年140を走っているころに,
2日目の夜に幻覚をみると言われてたが
他のランナーと話していたためか
幻覚は結局みることはなかった。


つづく。

| ラン | 16:53 | TOP↑

[タグ] 田中雅之さん

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。